購入方法を比較しよう

コピー機
引用元 – OAランド_中古コピー機販売

オフィス機器を導入する際、主な方法として頭に浮かぶのは、新品の購入、リース契約だと思います。新品については、メリットとして確かな品質が保証されますが、デメリットとして、初期費用がかなりの高額必要になるという点があります。初期費用を抑えたいと思われる会社には、お勧めできません。

リース契約については、メーカー側と会社の間に、リース会社を介して購入する方法になります。リース契約のメリットは、初期費用がほとんどかからないという点です。これは初期費用を抑えるというポイントにおいて、大きな魅力に感じますが、長期契約をするにあたり、手数料等を考えると、トータルコストにおいて、実際には高くついてしまうというデメリットがあります。また、所有権はリース会社にある為、自由に買い替えや契約を解約することはできません。

会社として、長い期間コピー機を使用するという点に重きを置いて考えると、中古コピー機の購入は、大きなメリットがあると考えられます。もちろん新品と比べると品質に不安に思う方もおられるかもしれません。しかしながら、現在では新品とほとんど変わらない品質の中古品も多くありますので、業者と相談しながら上手に選ぶと良いでしょう。