コピー機の選び方

コピー機の選び方は、新品でも中古品でも同じです。もちろん、費用面でしばりがあるかもしれませんが、まずは自社に適したコピー機とはどのように決定するかを知っておきましょう。コピー機は、高ければ良いという訳ではないということを大前提に考えるようにしてください。

枚数コピー機の価格はその出力速度によって決まります。その機能によっても異なりますが、ほとんどの場合、早い商品ほど高くなり、遅い商品程安い商品ということになります。まずは、会社に必要な月間印刷枚数を概算で出します。その枚数に適した商品を選ぶことで、不要な程のハイスペックなコピー機であったり、業務に支障が出る程、スピードが遅すぎるロースペックなコピー機を購入してしまうということを避けることができます。

その会社に適したコピー機とは、必要とする枚数を、業務に支障なく出力できる適切な機能とパワーを備えている商品ということになります。そのポイントを押さえた上で、中古コピー機の導入を検討されると良いでしょう。専門のオンラインサイトがありますので、業者に見積もり依頼をされるか、希望の条件や月間印刷枚数を提示して、どんな機種が適切か、提案を受けるようにしてください。

購入方法を比較しよう

コピー機
引用元 – OAランド_中古コピー機販売

オフィス機器を導入する際、主な方法として頭に浮かぶのは、新品の購入、リース契約だと思います。新品については、メリットとして確かな品質が保証されますが、デメリットとして、初期費用がかなりの高額必要になるという点があります。初期費用を抑えたいと思われる会社には、お勧めできません。

リース契約については、メーカー側と会社の間に、リース会社を介して購入する方法になります。リース契約のメリットは、初期費用がほとんどかからないという点です。これは初期費用を抑えるというポイントにおいて、大きな魅力に感じますが、長期契約をするにあたり、手数料等を考えると、トータルコストにおいて、実際には高くついてしまうというデメリットがあります。また、所有権はリース会社にある為、自由に買い替えや契約を解約することはできません。

会社として、長い期間コピー機を使用するという点に重きを置いて考えると、中古コピー機の購入は、大きなメリットがあると考えられます。もちろん新品と比べると品質に不安に思う方もおられるかもしれません。しかしながら、現在では新品とほとんど変わらない品質の中古品も多くありますので、業者と相談しながら上手に選ぶと良いでしょう。

中古コピー機にしよう

会社を立ち上げるにあたり、オフィスを構えるとなると、初期費用は相当額必要になります。その運用資金は、銀行に借入れをして当てることになりますが、せっかく借りたお金ですので、出来る限り後の仕事の運営費に回したい、立ち上げの初期費用は安く抑えたいと考えます。しかしながら、オフィス1つ構えるのに、賃貸物件を借りるところから、内装、オフィス家具、オフィス機器、看板、消耗品、人を雇い入れる人件費、光熱費等、数え出すときりがない程、お金がかかってきます。その他にも手続きや申請、することも山積みですので、頭を悩ませることになります。

中古コピー機コピー機等のオフィス機器導入に関して、現在お悩みの方へお勧めする方法として、中古コピー機の購入について検討してみてはいかがでしょうか。新規で購入するよりも、はるかに安く購入することができますし、早く納品してもらうことも可能です。

中古コピー機と聞いて、いいイメージが浮かばない方もおられますが、最近の中古コピー機市場において、新品同様の物も多く出回っていることをご存知でしょうか。タイミングや業者、あるいは探し出すことによって中古コピー機であっても、仕事に全く差し支えない印刷機能を持ったコピー機が沢山販売されています。新品に劣らない品質で、特に問題なく使うことができますので、大変お勧めです。何よりも大きなメリットは、その価格にあります。ここでは、オフィス機器の導入方法に、中古コピー機について説明します。